合気道は使えるのか

合気道は強いのか? こういった話題がよくYoutubeやネットに上がっています。
実際にすごい人や、実はそうでもない人が出ていて言葉は悪いですがとてもインチキくさい人がいたりします。

私自身 合気道を習い始めて2年ほど経ちますが、実際に使えるかと言われると甚だ疑問が残ります。
これは合気道そのものが強い弱い(合気道では強いとかそういう言い方をしませんが、あえてそういう言い方をします)ではなく、ある程度使えるようになるためにかなり多くの時間が必要なためと感じているためです。
達人のための武道というイメージです。

空手や柔道、あるいはボクシングではある程度の型や技を習えば、実際に使うことができますし、護身術としても役にたちます。

でも合気道については数年習ったくらいでは使えないのではないでしょうか?
黒帯の人でも中々難しいのではないかと思います。
個人的な感覚としては的ストレートやフックなどパンチのうち方を延々と習っていて、その種類が膨大であるために基礎が終わらず実践的なものにたどり着けない、そんなイメージを持っています。

また人体の構造的なことを感覚的に身に着けていないと実際に効く形で技をかけるのは難しいです。

また徒手空拳の類いの武術ではなく、恐らくお互いに武器を持っていること前提の武術ではないかと思われます。

というのも、相手が手刀等で打ちかかって来たり、腕を掴まれている状態から繰り出す技が多く見られます。もちろんそれだけではないですが。

攻撃するときに手刀で打ちかかって来ると言うのは考えづらく、恐らく棒や刀を持った状態を模しているのではないかと思われます。

また腕を掴まれている状態というのは他の格闘技ではまず見ない光景です。

あり得るとしたら腰の刀を抜こうとしたところを取り押さえたという感じではないでしょうか?
いかに掴まれている状況から抜け出し、攻撃に移るのかそういう形であれば有効な武術のように思えます。

少し長くなりましたこの辺で。